航空会社ごとに異なる

航空券

飛行機を利用する場合に必要な航空券は航空会社ごとに制度が異なります。料金だけでなく、利用する際のルールについても比較することが大事です。国内線を運航する航空会社には大手航空会社と格安航空会社があります。名前の通り、格安航空会社の方がリーズナブルな価格設定となっています。ただ、表示されている料金のみの支払いではなく、発券する際の手数料や、座席を指定する場合の料金が必要となるので、手数料に関することを把握しておく必要があります。一方で大手航空会社の航空券は正規運賃で購入すると高くなりますが、航空会社ごとに実施している割引制度を利用すればお得に利用できます。ただ、ほとんどは早期の予約が必要となります。

料金と保障の関係

航空券を比較する際の大きな決め手である料金は、安ければ安いほど制約がある、そして高くなるにつれてさまざまな保障があるイメージです。大手航空会社の割引航空券の場合、割引率が高い種類のタイプは利用日よりだいぶ早い段階での予約が必要であり、予約変更ができないなどの制約があります。また、航空会社のマイレージ制度に加入している人に関係のある話ですが、割引された航空券で利用する場合には、マイルの積算率も割引率に応じて下がります。一方で正規運賃で購入した航空券の場合は、マイルの積算率も高く、予約の変更も可能など、イレギュラーなことが発生した際の対応がスムーズに行えることが特徴です。

必要なものをチョイスする格安航空会社

航空券を購入する際に比較の対象として上がる格安航空会社ですが、自分にとって必要なサービスを自分で追加していくイメージです。基本となる航空運賃に加えて、手荷物が多くなる場合には、あらかじめ手荷物追加に関するチケットを買っておく、窓側の座席に座り、景色を楽しみたいという人は座席指定料金を支払い、窓側の座席を指定するという感じです。かつては航空機が目的地に大幅に遅延しても、保障等はありませんでしたが、最近ではオプションとして追加することもできます。自分にとって必要なサービスを選択できるので便利であると言えます。ただ、航空券自体の料金は大手航空会社と比べるととても安いので、たくさんの乗客に利用してもらわなければ利益を上げることができないので、座席数が多くなっています。つまり、一人あたりの空間が狭くなるので、利用する場合には目的地までのフライト時間などを調べておくことがポイントであると言えます。

広告募集中